基盤となる基準が教育要領

基盤となる基準が教育要領 幼稚園教育要領は教える内容とその詳細について文部科学省が定めた細則で、最新のものは2018年から施行されています。教育内容を統一することが目的ですので認定こども園も含めたすべての園に適用されますが、私立幼稚園では独自の教育を行っているところもあります。幼児期の終わりまでに身につけてほしい知識や考え方、人間性などが10の項目に分かれて明記されます。

健康な心と体、自立心、共同性、道徳性と規範意識の芽生え、社会生活との関わり、思考力の芽生え、自然との関わりと生命尊重、数量や図形と標識や文字などへの関心感覚、言葉による伝え合い、豊かな感性と表現の各項目を遊びや体験を通して学ぶこととされています。幼稚園での教育を小学校教育と連携させることも目的ですので、小学校と合同で運動会や音楽会などの行事やレクリエーションを行うこともあり、このことは父兄の方にとってもあらかじめ小学校を知るためのいい機会となっています。

幼稚園を選ぶ時は教育方針をしっかりと確認しよう

幼稚園を選ぶ時は教育方針をしっかりと確認しよう 幼稚園を選ぶ際には家から近いなど立地が重要になりますが、教育方針もしっかりと確認しておくのがおすすめです。一口に幼稚園といっても方針は園によって大きく違います。自然と触れ合うなどのびのび元気な子に育ってほしいというところもありますし、読み書きなどに力を入れているところもあります。脳の発達を促すカリキュラムを取り入れていたり、スポーツに力を入れて体力づくりを大切にしているところなど様々です。また、英会話やリトミックのレッスン等を行っていたり、年齢の違う子供が一緒に過ごす縦割り保育を実施しているところもあります。

ホームページ等にも掲載されていますが、実際に入園を検討する際には体験会に参加したり幼稚園を見学したりすることが大切です。幼稚園の雰囲気を肌で実感できるので、子供に合いそうかどうかの参考にもなります。親の立場で我が子にどんな子供に育って欲しいかを考えてみて、それが教育方針と一致するところを選ぶと良さそうです。

新着情報

◎2024/4/15

情報を追加しました。


>幼稚園から始まる進路選びの旅へのアドバイス
>幼稚園の送迎に関するお役立ち情報:安心して子どもを通わせるための心得
>幼稚園におけるピアノレッスンの効果と選び方のポイントに関する詳細ガイド
>幼稚園における教育の充実を目指す親御さんへ送るお役立ち情報
>幼稚園で活躍するママのためのお役立ちガイドと情報の総まとめ

◎2023/6/15

情報を追加しました。


>有名小学校に入学するには幼稚園選びも大切
>幼稚園児へのIQ重視の教育は一生モノとなるのか
>幼児期における右脳開発の重要性と幼稚園での取り組み
>幼稚園を選ぶ際に給食のメニューをチェック
>幼稚園での異文化交流会は非常に有意義なものとなる

◎2022/8/19

情報を追加しました。


>幼稚園でのトラブルの原因は沢山あるので注意
>幼稚園に入れない理由としてはどんなことがある?
>幼稚園は子供との相性が合っているか判断しましょう
>子供が幼稚園で怪我をしてしまった場合には?
>幼稚園と保育園通わせるならどちらがいいのか

◎2020/10/8

お庭のチェックは重要ポイント
の情報を更新しました。

◎2020/8/5

基盤となる基準が教育要領
の情報を更新しました。

◎2020/6/10

英語学習における脳と記憶力
の情報を更新しました。

◎2020/3/16

定着には継続が大事
の情報を更新しました。

◎2020/1/21

英語で会話をすれば習得も早まるのか
の情報を更新しました。

◎2019/11/29

サイト公開しました

「幼稚園 教育」
に関連するツイート
Twitter

返信先:流石に幼稚園教育・管理不足ですよね。 悪意はないにせよ、流石に教えちゃダメですよ。 理事長の言い訳の「職員にはちゃんと言ってあります」って、 問題が起きる原因ってそういうところだと思う。

脳は6才までに95%ができあがる?! 小児科医に聞いた子どもの脳を育てる3原則| 誰もが思うだろう‼️幼稚園、学校教育は時間の無駄という事‼️ オンライン化して2歳位から始めたら 6歳位には脳力アップ間違いない‼️ 今すぐオンライン化しよう‼️

返信先:流石に幼稚園教育・管理不足ですよね。 悪意はないにせよ、流石に教えちゃダメですよ。 理事長の言い訳の「職員にはちゃんと言ってあります」って、 問題が起きる原因ってそういうところだと思う。

返信先:幼稚園の対応、最悪すぎます。 そもそもだいたいの場所を教えるのもNG。 正規だろうが非正規だろうが、個人情報を漏らさないって契約を結ぶはずだから、 そこらへん、職員教育が徹底されていないなと感じて、怒りが込み上げてきます。

返信先:先ず、公立高校、国立大学の充実が基本。私立学校の助成は税制の優遇も含め不要。公立高校も国立高校の方が判り安い。保育園、幼稚園、小学校、中学校も同様とすれば良い。県立、府立、道立、市立、町立、村立を国立で統合。教育委員会制度は廃止。都道府県教育部局で管理。国定教科書で統一。