英語学習における脳と記憶力

英語学習における脳と記憶力 昨今、グローバル化が進み今や第二言語読解力や会話力が重要となっている。
教育に熱心な親御さんは習い事としての英会話等はもちろん、第二言語学習に力を入れている幼稚園に入園させる親御さんも少なくない筈だ。
ではなぜ幼稚園から英語教育を受けると良いのでしょうか。
まず一つ目にあげられるのは脳の発達の違いです。
子供の脳は大人の脳に比べて柔らかく、ものすごい速さで物事を吸収します。
ただし、言語を習得するのは8歳〜13歳が限界と言われているので、自然に第二言語を習得するには学習する年齢が早ければ早いほど確実に習得出来ると言えます。
二つ目にあげられるのは幼児の記憶力です。
記憶には長期にものと短期のものがあり、重要となるには長期の方です。
長期の鍵となるのは、早く・たくさん覚えることができる右脳です。
3歳までは「右脳優位時代」であり、3歳を超えると短期の働きの割合が多くなる為、より長期の働きを占める三歳までの幼児時代に学習するとより定着しやすくなると言えます。
以上のことから、英語学習を取り入れるのは幼稚園時代が適していると言えます。

幼稚園で英語を学びバイリンガルの子供にしましょう

幼稚園で英語を学びバイリンガルの子供にしましょう 日本は島国で外国とは海を隔てているので、外国人と接することがあまり多いとは言えません。
歴史的に見ても鎖国の時代が長かったせいか外国語を必ず使うという環境ではありませんでした。
日本人は大和民族の一民族なので、日本語を使えば日常生活は事足ります。
そんなことから外国語の必要性をあまり感じません。
しかし、グローバル時代の現代ではそうも言ってられません。
英語ができることが最低条件なのです。
承知のように言語の勉強は小さい時から始めた方が発音も正確で、覚えるのも早いし、外国語に対して違和感を覚えることもありません。
それで幼稚園から学べば、バイリンガルとして育つことができます。
現在幼稚園ではネイティブの外国人教師が幼児に英語を教えているところも少なくありません。
子供をバイリンガルにしようと思うなら、幼稚園の時から外国語を学んだ方がいいです。
そうすれば外国語が流暢になり、将来世界を飛び回って仕事をすることも夢ではないでしょう。

新着情報

◎2024/4/15

情報を追加しました。


>幼稚園から始まる進路選びの旅へのアドバイス
>幼稚園の送迎に関するお役立ち情報:安心して子どもを通わせるための心得
>幼稚園におけるピアノレッスンの効果と選び方のポイントに関する詳細ガイド
>幼稚園における教育の充実を目指す親御さんへ送るお役立ち情報
>幼稚園で活躍するママのためのお役立ちガイドと情報の総まとめ

◎2023/6/15

情報を追加しました。


>有名小学校に入学するには幼稚園選びも大切
>幼稚園児へのIQ重視の教育は一生モノとなるのか
>幼児期における右脳開発の重要性と幼稚園での取り組み
>幼稚園を選ぶ際に給食のメニューをチェック
>幼稚園での異文化交流会は非常に有意義なものとなる

◎2022/8/19

情報を追加しました。


>幼稚園でのトラブルの原因は沢山あるので注意
>幼稚園に入れない理由としてはどんなことがある?
>幼稚園は子供との相性が合っているか判断しましょう
>子供が幼稚園で怪我をしてしまった場合には?
>幼稚園と保育園通わせるならどちらがいいのか

◎2020/10/8

お庭のチェックは重要ポイント
の情報を更新しました。

◎2020/8/5

基盤となる基準が教育要領
の情報を更新しました。

◎2020/6/10

英語学習における脳と記憶力
の情報を更新しました。

◎2020/3/16

定着には継続が大事
の情報を更新しました。

◎2020/1/21

英語で会話をすれば習得も早まるのか
の情報を更新しました。

◎2019/11/29

サイト公開しました

「幼稚園 記憶」
に関連するツイート
Twitter

返信先:おのちゃん…🥲 1年通じて結果的に見たら最後の方とかの記憶とか5歳になる頃には「あぁ、天使の4歳だったなぁ」ってなるのかもだけれど、今の11月生まれの4歳なんぞ幼稚園・保育園に言って新しい言い訳ばっかり覚えてきて、園に通ってる間だけ素直でその分家で超怪獣でいや天使要素どこー?だからね?

返信先:10~20円で棒状の飴か駄菓子を買った様な記憶です😅 僕が幼稚園の頃までだった様な…😅

返信先:神社ではなくお寺ですが、昔建仁寺参道に市電を再利用した図書館があったような。普段はずっと閉まっていましたが、確かお寺附属の幼稚園・保育園のいち施設だったような微かな記憶があります。とっくの昔に駐車場になったみたいですが。

娘やはり夕食時に「(明日)ようちえんいかないのー」と登園拒否宣言。 なんの前フリもなくいきなり発言する。 決まって、録画したみんなのうたを見ている時。 多分歌も同じだったはず。 明日は注意して見ておこう。 拒否する理由――歌詞や絵に幼稚園で起きた嫌な記憶を彷彿とさせる何かがあるはず。

そういや、幼稚園とは別に近所の子ともいつも遊んでたけど九州の子だったわ 引っ越して行ってしまったけどね 喋り方が違うから親に教えてもらった記憶ある